予算特別委員会(住宅都市局)を傍聴!


2月27日(水)




今日は、予算特別委員会の住宅都市局の局別審査を傍聴しました。





住宅都市局は住宅のことだけでなく、交通なども取り扱っています。
今回は、空き家のことが多く取り上げられていました。





人口減少により空き家が増えてきているのが現状です。その空き家をどうしていくのかが課題になっています。腐朽、破損している家は解体、まだ使えそうな家はリホームなどをして再利用すると言うのが提案でした。





法律などの問題があり、簡単には空き家の数を減らせないとは思いますが、少しでも減らしていき、有効活用していければよいと思いました。





また、私が一番興味を持ったのは、人見さんが質疑されていた、新神戸駅の件です。





私も以前から、新神戸駅は新幹線の駅なのに何もない、これから先どうなっていくのだろうか…と思っていました。観光客の方などに神戸らしさを感じてもらうためにも整備は必要だと思いました。人見さんがおっしゃっていたように、ジャズなどの音楽を流したり、シンボルとなるモニュメントを置いたり、神戸の特産品の販売をしたりすれば活性化につながると思いました。





今日の委員会は身近なことが多く取り上げられていたので、考えることがたくさんありました。これから、三宮を中心とした神戸市がどうなっていくのか楽しみになりました。




ともも

カテゴリー: 未分類 パーマリンク