市長室国際部と神戸国際協力交流センターを訪問!

3月21日(火)

今日は昼からの活動で、神戸市の市長室国際部と貿易センタービルの神戸国際協力交流センターに伺いました。

国際部では国際都市としての神戸の歴史・国際交流についてお話を聞くことができました。

神戸市には世界196カ国あるうちの138カ国の人々がいます。

ほとんどの国の人がいる都市は世界的に見ても珍しいといえます。

また、神戸市は現在10の都市と姉妹友好・親善都市を結んでおり、それぞれ人口規模が似ていたり、地形や港が似ている地域を選んでいるそうです。

最近ではベトナムからの留学生や流入が多く、神戸市からも様々な支援をJICAやその他機関を通して活動しています。

神戸国際協力交流センターでは、ボランティアによる無料のマンツーマン日本語教室などで平日の昼間にもかかわらずとても賑わっていました。

しかし一方で、外国人の子供に対する支援や問題ということも考えなければならないポイントであると、人見先生と話していて感じることができました。
国と国ではなく地域と地域の国際関係を知ることができ大変勉強になりました。

明日はいよいよインターン最終日です!

張り切って頑張ります。

なお

カテゴリー: 未分類 パーマリンク